街の記憶

八王子駅南口 (1)2019年6月撮影

多摩地区の昔からの"盟主"・八王子ですが、その市街地は最近まで駅の北側のみに展開されており、 駅南口は裏口と呼ぶほかない状況でした。
しかし、2000年代に入ってから貨物駅の跡地なども利用した南口の再開発が本格化。
タワーマンションに商業・行政施設などを備えたサザンスカイタワーや大手家電量販店の進出、 2018年にはイオン系ファッションビルOPAも出店するなど急成長。
八王子市街地の勢力図を急速に塗り替えつつあります。

八王子駅南口 (1)

駅前
野猿街道
とちの木通り

八王子駅南口

画像

八王子駅の南口駅舎は、駅ビル(といっても実質ビックカメラ八王子店+α)の「セレオ八王子南館」(写真右側)と一体化。写真左中央は2018年開業の商業施設「八王子オーパ」、左側に見切れるのは商業施設+コンサートホール+市役所総合窓口とマンションが一体になった「サザンスカイタワー八王子」
どれも2000年代後半に完成したもので、駅前広場に関していえば北口とは全く対照的な、真新しい街並みである。

画像

駅前ペデストリアンデッキはとちの木デッキと呼ばれる。北口のデッキよりも広々として、"広場"性が高いように見える。
つい最近まで都市機能、市街地機能が北口一辺倒だったこともあり、駅を出るとともに見える広い空が印象的である。

画像

青空とオーパとサザンスカイタワー。

画像

ロータリーの外周を取り囲むようにバス停やタクシー乗り場が配置されている。複数の"島"にバス停が点在する北口とはこれまた対照的。
その外側は、いくつかの雑居ビルが列をなす格好。

画像

地平にも広場が整備されており、人々や鳩たちの憩いの場に。

画像

駅から真南に伸びるのはとちの木通り。桑並木にマルベリーと桑推しの北口に対し、デッキと通りでとちの木激推しな南。
通りの先の地形の起伏が、かなりの勾配の坂として表れているのも面白い。

画像 画像

それに対し、駅前を東西に横切るのが南大通り(みなみおおどおり)。

画像

南大通りを東へ。ラーメン屋・居酒屋・不動産屋が中心。2〜3分歩けば商店はほぼなくなり、住宅街に。

野猿街道

画像

南大通りにナナメに交わる細い道、野猿街道で駅前ロータリーの方へ戻る。新しい街を縫うように抜けるこの道は、南口再開発の(はるか)前から存在した道で、故に駅ビルやらロータリーやらができる前からあったであろう建物や商店が多い。 巨大な駅ビルやサザンスカイタワーとのコントラストのある景観。

画像

駅と反対方向。南大通りに分断されており、商店街の長さは短い。

画像

駐車場や空き地と建物が入り乱れる。

画像

野猿街道は、南口の駅ビル・駅前広場と八王子駅ホームの間という細長い部分を東西に抜ける。
南口駅ビルの裏で北口駅舎の裏、という街の狭間のような空間。

画像

駅前広場のそばを抜けてさらに西へ抜けると、この辺りも商店街チックな通り。
駅から少しばかり離れており、バーやスナックが多い。

画像

駅方面(東)を振り返ると、やはりタワマン2棟が強烈な背景に。

とちの木通り

画像

青黄のキュートなフラッグが並ぶとちの木通りへ。

画像

こちらも飲食店や美容室、不動産屋が中心。閑静な商店街。

画像

飲食店がまとまって存在するビルも。

画像

山田川を渡る。大通り沿いこそビル中心だが、脇道に入ると住宅街が広がる。
駅徒歩2分からの住宅街、便利そう。

画像

子安町三丁目交差点でこちらもひと段落。この先は子安町の住宅街を抜け、国道16号に接続する。


この街のタグ

周辺の街並み画像